EVENT イベント・企画展情報

CS DESIGN CENTER  >  イベント・企画展情報 一覧  >  イベント・企画展情報 詳細

イベント・企画展情報

五十嵐威暢トークショー 

2008年3月19日 18:30-20:00


参加していただいたお客様、ありがとうございました。


あそぶ、つくる、くらす――デザイナーを辞めて彫刻家になった」

出版記念イベント

igarashi_photo_by_eri_iwata.jpg

 

五十嵐威暢トークショー

ナビゲーター:奥村文絵(フードディレクター)

 

2008年3月19日(水) 18:30-20:00

場所:中川ケミカル 本社5F

  

     トークショー&パーティー参加費 3,000円(書籍代含む)当日ご精算。

お申し込みはファックスにて受け付けております。

お名前・会社名・会社住所電話番号・ファックス番号を明記の上お申し込みください。

FAX → 03-5835-0377 

 

   内容

デザイナーから彫刻家に転身された五十嵐威暢さん初の著書『あそぶ、つくる、くらす――デザイナーを辞めて彫刻家になった』刊行を記念したトークショーです。

1985年に五十嵐さんはロサンゼルスでの生活を始めました。試行錯誤を繰り返し、数多くの成功と失敗を重ねた後、1994年にデザイナーを廃業し、彫刻家としての道を歩み始めました。2004年に帰国するまでの様々な出会いと事件について語っていただく、本書籍の番外編です。

ナビゲーターにお迎えするフードディレクターの奥村文絵さんには、トークショー終了後のパーティーフードをプランニングしていただいております。合わせてお楽しみください。

 

書籍紹介

cover igarashi .jpg 『あそぶ、つくる、くらす――デザイナーを辞めて彫刻家になった』 五十嵐威暢:著

グラフィックデザイナーから転身し、50歳より彫刻家として活動を始めた五十嵐氏の初の書籍となる。自然豊かな葉山近郊のアトリエでの制作風景をはじめ、ものづくりに対して根幹を見つめ直したという、現在の思いを紹介。

 あそぶこと、つくること、くらすことが一体になった世界の中で、自らの手でものをつくり出すこと、身体全体を使った制作の楽しさなど、ものづくりの素晴らしさを伝える一冊。

     

 

 

<プロフィール>

五十嵐威暢

彫刻家・デザイナー

1944年北海道滝川市生まれ。1970年イガラシステュディオを設立。アクソノメトリック図法を駆使して立体アルファベットを描き、世界の注目を集める。サントリー、明治乳業、王子製紙、多摩美大など数多くの企業や団体のためにロゴをデザインした。1980年代に数多くのアルファベット彫刻を制作。1980年代後半にはプロダクトデザインに取り組み、時計、テーブルウエア、ステイショナリーなどが世界のミュージアムショップを飾った。

1944年にデザイナーを廃業して彫刻家に転向し、主に公共空間に石、土、木、鉄の彫刻を制作している。代表作として、東京ミッドタウンの彫刻「予感の海へ」、「記憶の地から」、名古屋ルーセントタワーの「こもれび」、札幌駅JRタワー展望室のテラコッタレリーフ「山河風光」、滝川市一の坂西公園の彫刻「Dragon Spine」、北海道立子ども総合医療・療育センターの彫刻「こもれび」など。

 

 

 

奥村文絵

フード•ディレクター www.gahon.jp

1971年生まれ。早稲田大学卒業。東京デザインセンターにて建築やデザインのイベント事業に携わった後、フードコーディネーター・アシスタントを経て2000年に独立。現在は食を専門とするクリエイティブ•ディレクターとして、食材から広告にいたるまでトータルなブランディングを手がける。

おもな仕事として和菓子店「鈴懸」、イタリアンレストラン「ilcielo」、ハインツ日本株式会社ホームページ「ハインツのある物語」など。

 

 

 

株式会社 中川ケミカル
〒103-0004 東京都中央区東日本橋 2-1-6 岩田屋ビル4F
tel:03-5835-0341 fax:03-5835-0374
CSデザインセンター
CS DESIGN CENTER
〒103-0004 東京都中央区東日本橋 2-1-6 岩田屋ビル3F
※『カッティングシート®』は株式会社中川ケミカルの登録商標です。